スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪業者目線の物件の選別♪

JUGEMテーマ:太陽光発電

 

こんにちは!

株式会社昇生の広報担当です。

今日はたくさん農地転用の許可が出てきたので、工事業者さんと打ち合わせの一日でした!汗( ..)φメモメモ

 

桜も日本全国次々と開花しだして、お花見シーズンですね!

弊社でも毎年恒例の花見があるので、スタッフ一同楽しみにしながら仕事にも精を出してます(^^♪

またこれからどんどん発電していく時期ですね!

毎月の売電収入が楽しみでなりませんね☆

 

さて、今回はお客様からのご質問ランキング第一位の物件の選別&シュミレーションについて書いていきます!

 

何といっても土地付き太陽光は投資なので発電シュミレーションにの「妥当性」が一番の肝になってきますね。

 

1、積算値

私は絶対に一番初めに【積算値】を確認することをお勧めします!

※積算値=各地域ごとの年間日射量の基準値

 

ちなみに、他社さんでは意外と書いてないケースもあるので、そういう場合は計算します。

※計算方法=年間発電量÷パネルのkw

 

実際これを見ればだいたい派手なシュミレーションか良心的なシュミレーションかがわかります。

 

先ず基本は把握しておくべきは、NEDOのデータですね。

※NEDO URL→http://app0.infoc.nedo.go.jp/

これで計算しているシュミレーションは、下振れることが100%に近いくらいでありません☆

 

昔お客様から相談されたときに徳島県の美馬町の設備で1230kwhの積算値を見てドン引きしました。。(笑)

 

いわば、パネルのKWや売電単価は決まっているので、ここの数字でシュミレーションはいくらでも調整できるのです( ..)φメモメモ

ちなみに弊社では、自社やお客様の近隣設備の発電実績とNEDOのデータから算出していますので、シュミレーションを割ったクレームはほぼ100%ありませんね( *´艸`)

 

2、損失係数

損失係数とは「シュミレーション上で、算出した発電量からいくらロスを想定しているか」です。

ロスすべきものはたくさんありますが、弊社では次のものを考慮してます。

※温度ロス、漏電ロス、過積載によるピークカットロス、劣化ロス、パワコンの電気代、

修繕想定費、、、、、、、などなど

 

ちなみに弊社では損失係数は基本27%とかなり無難なシュミレーションにしてます(^^♪

 

この二点を抑えていれば、まず失敗の少ない検討ができると思いますよ☆

お悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいね。

 

※オーダー物件も対応しますので、物件を探されている方はお気軽にメッセージをください!

※ブログ、SNSから購入の場合は特別値引きがあります(^^)/

※コメントはすべて返します!!

 

 

犬

 

〜最後に物件紹介です〜

三重県でブランドになっている津市の物件です!

86.4kwの人気のビッグサイズです☆

利回り11%で、4月中旬に掲載予定です。

 

お気軽にお問い合わせください☆

JUGEMテーマ:気になること

スポンサーサイト

コメント