スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

完工までのフローと新FITについて☆

JUGEMテーマ:気になること

こんばんは!

株式会社昇生の広報担当です(^^)/

 

ゴールデンウイークも間もなく終わりですね!

連休はいつも瞬く間に終わりますね☆

皆様はいかがお過ごしでしたか?

私は家族サービスで子供とヒーローショーをほぼ毎日見に行かされました(^^;)w

たくさんやることもあったので、今日は夕方から出社してました!

 

さて、今日は完工までのフローについて触れていきたいと思います!

 

21円時代から、ご存知だと思いますが新FIT法に代わり太陽光発電も大きくルールが変わりました!

 

一番大きく変わったのは、今までのフローと変わり、電力申請書類がないと設備認定の申請ができなくなりました。

あまりピンと来ないかもしれませんが、これって完工や連系がかなり遅くなるんです!!

 

低圧の太陽光のフローは大きく新規申請の場合新FITまでは

設備認定と同時に電力申請ができ大凡いずれも1〜2ヶ月程で上がってきていました、そこから農地転用で2完工月そこから着工なので新規申請の場合半年もあれば連系ができていました。

 

ところが新FIT後は

電力申請(2カ月)→設備認定(3カ月程)→農地転用(2カ月)→工事(2カ月)と、ざっくり8〜9カ月程かかってしまうこともざらなんです( ;∀;)

 

そもそも新FITは日本全国で単価の権利だけ抑えて工事をせずに権利のみ転売したり、地権者様の同意なく権利を取ったりなどのトラブルを改正するための改正でした。

 

ここで日本全国の固定買い取り制度が始まってからの日本全国の積年の案件が一気に進んでいくわけであり、設備認定の処理をする機関もパンクしてしまい、設備認定については投げたら許可を待つのみという非常に世知辛い状態になってしまったわけです(´;ω;`)

もっと悲惨なのは名義変更に案件です。

年末になると業者は買い取った土地にその年度の単価を会社や個人名義で確保し、翌年以降に販売し名義変更を行うわけですが、長いケースでは1年程この許可までにかかってしまうケースもあります。

 

お客様方にはお待たせして、大変申し訳ない思いをさせてしまっている方々もいらっしゃるのですが、何分我々も早く投げることしかできず、お国の処理待ちなので、八方ふさがりなのですm(_ _)m

 

そんなこんなで、年始に経済産業省も新規申請については、2カ月ほどで許可が出せると大々的に報道していましたが、名義変更についてはいまだに早くて3カ月〜9カ月程かかってしますケースもあります。

 

何分、こんなルールなので皆様何卒ご留意くださいm(_ _)m

 

※オーダー物件も対応しますので、物件を探されている方はお気軽にメッセージをください!

※ブログ、SNSから購入の場合は特別値引きがあります(^^)/

※コメントはすべて返します!!

 

 

さて今回の物件です!

 

実は、あまり露出していない秘匿中の秘匿物件です!

 

皆様太陽光の土地の優劣については諸説ありますが、私もこの業界が長いのですが、一番良い物件はどんなロケーションか?と考えたときに絶対的に造成地と言い切れます!

元々こんな土地が

 

 

こうなり

 

 

 

こうなります!

元々森みたいなところなので、土地代も超安く、造成をかけるとまず日当たりを妨げるものが全くなく私の経験上ほぼ100%と言い切れるほど、上振れます!

 

と、いう理由で、色々なお得意先様やまとめ買いの方のみに紹介していた物件ですが、1区画限定で紹介可能です!

 

お気軽にお問い合わせください☆

それではまた!(@^^)/~~~

#フロー#物件#設備認定#太陽光#投資家#優良物件#本日の物件